Solocontutti のセットアップ

インストールを完了して初めての起動時には「セットアップウィザード」が起動して、簡単に設定が行えるようになっています。(セットアップウィザードは、2回目の起動以降も、メイン画面のメニューオプションから呼び出すことができます)

iPhone や iPad の初期設定はこちら↓


PCやMacの初期設定はこちら↓を参考にしてください。


テキストを入力する欄が二つあります。上にユーザー名、下にメールアドレスを入力します。入力したら[Next]を押して次に進みます。


音声の入出力が正常にできているかを確認します。
入力:マイクに向かって声を出して、インジケーターが振れればOKです。
出力:[Test]ボタンを押してビープ音が聞こえればOKです。

  ※ 音の入出力がうまくいかないときはこちら

 ※ ノートパソコンの内蔵マイクが認識されないときはこちら

音の入出力が正常にできていることを確認できたら[Next]を押して次に進みます。


オーディオデバイスの音の入出力の遅延(音が入力されてから出力されるまでにどれくらいの時間がかかるか)を測定することができる画面です。まず、ヘッドフォンの耳にあたる部分とマイクを近づけてできるだけボリュームを上げておきます。この状態で[Measure]ボタンを押すと、ヘッドフォンから「ジィッ!」という大きな短いノイズ音が出ます。(なので、決してヘッドフォンを装着したままやらないように!)マイクがそのノイズ音を拾い、その時間差を測定します。このテストは、通常は飛ばしてしまっても問題ありません。[Next]を押して次に進みます。


インターネットの接続が正常にできているかを確認する画面です。「establish a conection」の文言が確認できればOK。[Next]を押して次に進みます。


これでセットアップは完了です。[Finish]を押して、メイン画面へ進みます。




セッションを開始

メイン画面へ進んだら、左下に3つのボタンがあるのを確認してください。

Solocontuttiのセッションは、まず誰かひとりがセッションをスタートし、他のメンバーがそれに加わっていくという形で構成していきます。


まず、ホストになる人が、[Start]ボタンをクリックし、表示されたセッションコード(アルファベットの大文字・小文字・数字6文字)を他のメンバーに伝えます。(セッションコードが表示されると[Start]ボタンは[Stop]と表示が変り、[Join]ボタンはグレーアウトして使えなくなります)


コードを受け取った他のメンバーは、[Join]ボタンをクリックして、テキストボックスにセッションコードを入力し、[OK]をクリックします。


しばらく待つと、他のメンバーの名前が表示されたチャンネルがミキサー右側に現れます。名前の横で点滅しているLEDが緑になったら接続完了です。


Solocontutti の詳しい使い方はこちら