2020/12/22

Ver.1.3.4 リリース

Bugsfixes - this is a minor release to fix a couple of bugs that crept into version 1.3.3
・Second input channel was sometimes not working, now fixed
・Latency displaying too high, now correct

2020/12/21

WASAPIのススメ

Solocontuttiは、ASIO対応で音楽制作用のオーディオインターフェイスがあると本当に快適に使えるのですが、ちょっと試しに使ってみたいだけなのにわざわざ専用のインターフェイスを購入するのも二の足を踏みますよね...

Solocontuttiをインストールするときについてくる「ASIO4ALL」はPC標準のオーディオもASIO対応にしてしまう実に便利なソフトですが、初心者にはとにかく設定がややこしくて難しいのが難点です。

そんなときは、とりあえず「WASAPI」を使ってみてください。

2020/11/30

Ver.1.3.3 リリース

 ・Stereo inputs are now transmitted as full stereo, or split channels
・Sensitivity of meters for lower volumes improved
・Separate control of plugin monitoring and gain
・Support for WASAPI low latency mode

2020/11/25

「プラグイン」で何ができる?

 Solocontutti ver.1.3.2 は「プラグイン」に対応。WindowsはVST3、iOSはAUに対応しています。(Mac版AUは現在調整中)この「プラグイン」機能、DAWで音楽制作している人にはおなじみですが、そうでない人にはちょっと馴染みがないかもしれません。

プラグインというのは、PCの中で使うバーチャルな「楽器」や「エフェクター」です。

2020/11/12

ノートパソコンのASIO4ALL設定

 ノートPCは、Realtekのサウンドカードを標準で搭載していることが多いのですが、ASIO4ALLをインストールしたときに、複数のデバイスが搭載されていると、サウンドカードがうまく認識されないことがあります。

インストール時にセキュリティ警告が出たら

 セキュリティ設定によっては、インストール時に次のような警告画面が出ることがあります。インストールを続行するには「詳細情報」をクリックします。

Solocontuttiの音が出ないときは

セットアップウィザードで、音の入出力がうまくいかないときは、Solocontuttiが別のサウンドデバイスをつかんでいるときがあります。この場合は[Change Setting]のボタンをクリックしてサウンドデバイスの設定画面を開きます。